結婚式を挙げる為に両親から借りたお金‐返済はきつい

結婚式を挙げる為に両親から借りたお金‐返済はきつい

今年の夏に結婚式を挙げた際のお話しですが、私たち夫婦が選んだ結婚式場は挙式の前日までに費用を一括で支払わなくてはならない形式でした。

 

 

急な結婚でしたのでもちろんそんな大金を自分達だけで用意する事は出来ない状況でしたが、どうしてもそこで結婚式を挙げたくて譲れなかったので、私の親に50万・主人の親に100万の計150万円を貸してほしいとお願いする事にしました。

 

 

主人は自分が情けなくなるから私の親には頼りたくないと言いましたが、それなら主人の親が計150万貸してくれるのかといってもそうにはいきませんでした。

 

 

 

 

お金がない時に参考になったサイト

 

 

 

主人を説得し、私の親へは祝儀で即返金することで納得させ、借金をすることに決めました。

 

 

事情を話すとどちらもすぐに返さなくっていいよと言ってくれましたが、あとあと返済する事も大変だと思ったので全て祝儀で一括返済するつもりでいました。

 

 

結婚式を終え、私の親へ50万返金し、主人の親へも100万を返金しに行ったのですが、お義父さんは50万だけ受取り、残りは月々少しづつでも返してくれたらいいから、今余った分は何かあった時の為に自分たちの口座に入れておきなさいと言って下さいました。

 

 

お金がない現実は突然やってくるのが怖いところでもある。

 

 

 

実際私達も結婚式で貯金を全て使い切っていたので、いざというとき困るかもしれないという不安がありました。

 

 

 

そんな時にお義父さんの提案がすごくありがたく、心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

もしかしたら主人の親はもう返さなくっていいと考えているのかもしれませんが、毎月余裕がでてきたら必ず全て返金するつもりでいます。

 

 

私は今妊娠中で働けないので、しばらくは主人のお給料だけでの生活となりかなり厳しい状況です。

 

 

子供を預けれるようになったら自分も仕事復帰し一日でも早くお金を返金したいと思っています。

 

 

キャッシングは消費者金融に借りると利息が厳しく、100万円を超えてくると返済すら不可能になるケースも少なくない。

 

 

 

 

お金の神様が好きなもの。住みやすい家(財布)と、感謝する心?!

 

「金運と財布」にまつわる話しは風水と絡めて身近でも話題にされます。

 

 

よく知られているものだと、金色や黄色の財布はお金が貯まり、逆に赤色の財布は「浪費」して貧乏になるとか、財布がボロボロでは運気もボロボロになるので、3年を目安に新調するなどがありますね。

 

 

 

「ヘビの皮を財布に入れておく」という迷信、おまじない?もあります。

 

 

今となってはなぜ私がヘビの皮を手に入れることができたのか、誰かから頂いたものだったのかは忘れてしまったのですが、一時期財布にヘビの皮を入れていたことがあります。

 

ですが、、、もともとヘビが大の苦手な私にとっては、いつも財布の中にヘビの皮があることがどうも「居心地」が悪く、早々に取り出してしまいました。。。

 

 

あの当時の「バチ」があたったのかわかりませんが、、、私はお金からはあまり好かれていないようです。(笑)ですが、かと言ってピンチになりかけながらも今まで何十年と本当に切羽詰まった金欠にはなっていません。それは、わたしなりにちょっとした’風水マインド’を取り入れてお財布の環境をよくしてあげているから?だと思っています。

 

 

 

例えば、これも王道ですが、レシートや使わないポイントカードなどを財布に入れっぱなしにしないで処分するようにしています。

 

 

財布がボロボロではお金が舞い込んでこないのと一緒、お金が過ごすお部屋(財布の中)が散らかっていたり、スペースがなければお金だってそこに行こうとは思わないからです。

 

 

それからお札の人物の頭を下に入れるとお金が出ていかないというのも意識しています。

 

 

これバラバラではダメ、もし頭を上にして(顔がそのまま見えるように)入れたらどうしてダメなのでしょう?

 

それは向きをそろえてあげることでその向きの方へ「パワー」が強く働くからだそうです。

 

 

 

’財布に頭をもぐらせてあげる方がそこへ居座る?パワーが働く’ということです。

 

 

居座らせながらも「循環させる」ことも大事なので、使ってもお札がある状態がベストのようです。

 

 

 

『お金がお金を呼ぶ』ということですね。

 

財布の色も環境も、お札の入れ方も、いろんなことが風水を通じると「お金の流れ」に繋がっていきますが、それは本人の「気持ちの置き所」にもよることかもしれません。

 

 

 

ですが、私はそんなちょっとした心構えと、あと「お金に感謝する気持ち」は忘れないように心掛けています。コンビニレジのそばの義援金の募金に、小銭ですがチャリンするようにしています。

 

「少しですがこれが何かに役立ち、それがいつか大きくなって私へ帰ってきますように」と、、、
確証はありませんが、気長に「お金の神様」の訪問を待っているところです。^^*

 

(※長くなりすぎてしまいましたが、、、よろしくお願い致します。)